good-by my world

京都、日常と瞬間。_183

京都_左京区_高野川

c0188405_0132415.jpg


当初の予定ではおおよそこの辺りまでがゴールでした。
ここまできたらバスで三条なり出町柳の方に戻ろうかと。。
白川疎水(疏水分線)を流れに沿って北にあるき、もうすこし先にある松ヶ崎浄水場にある桜…第二疏水分線の東の端を見るのが今回の予定でしたが、あいにくの葉桜。

諦めの悪いさくらんはこのまま第二疏水分線を歩く事に。
ということで今回の最終目標は延長して賀茂川に抜けて半木の道の枝垂れ桜と、まだ余力のあったので心に誓って歩きだすのですが。きっともう一度書くけれどもしんどかったです(^_^;
でもこの春いちばんの景色も見れたので歩いて良かったと思っています。





さて、今回の桜をめぐる小さな京都旅行は好きな京都観光と共に現代アートであったりと、一定のフォトジェニックを撮影するスタイルが続いてきた事に対するジレンマに答えを求める目的もありました。
本来のさくらんの写真が如何なるものであったかを知る人は少なくなった気がしますが(汗)、あくまで日常のスナップなのです。

しかし写真以外の趣味とすり合わせる為の観光/現代アート写真達はそれなりに楽しくもあるのですが、さくらん本来のものとどうしても離れてしまう。
更には一人で写真をとるというごく普通の撮影も少なくなっていました…複数で撮影するというのは、それもまた新鮮で発見もあるのですが、どうにも求める写真は撮りにくいし、ある程度のプランの中で動いてしまう(そういう性分でもある)また配慮も必要となる…まぁよく遅刻してましたが^^;…という事はトータルとしては悩ましい部分もあるのは致し方ない物で。


しばらくどっちつかずでなあなあでしたが、やはり本来のさくらんのスタイルに戻っていく時期なのだろうと思います。
とはいえ、引き続き京都の寺社と草花の写真は撮っていくでしょうし、見た目に大きな変化もないでしょうし、そもそも2年に迫ろうという膨大なストックがぁ…(笑

こういった京都、日常と瞬間。シリーズ等、さくらんが一人気ままにノープランで歩く事からはじまる、さくらんらしいスナップに戻っていきたいなぁと。
それを確認する意味でもこの日の一人撮影は大切でした(^_^
[PR]
by elevensugars | 2012-05-30 01:15 | 京都、日常と瞬間。