good-by my world

<   2010年 11月 ( 48 )   > この月の画像一覧

感光☆シャシン_311

瀬戸内国際芸術祭_男木島_23
高橋治希「SEA VINE」
c0188405_22583656.jpg

GRAPEVINE好きとしては、こういうつるっぽいネタがたまりませぬ…!
という訳でもないのですが、実際にこの作品を目にして感動しました。
じつはこの作品は公式ガイドに写真付きで紹介されていたものの、失礼ながらさほど期待していなかったのです。ですが実際に景色を見て。世界観が目に飛び込んできて、はっと息をのんだのです。
期待して行ってすこし肩すかしになることもあれば、この作品のようにはっとする作品に出会えたり。芸術祭はいろんな方が参加しているので、色んな発見があります。

たしかこの作品の受付をしていた人かな?この方とはまた再開することになり。
後も良いですが、旅もまた面白い…

この作品も延長展示されています。お勧めですよ♪
[PR]
by elevensugars | 2010-11-26 22:57 | 感光☆シャシン

感光☆シャシン_310

瀬戸内国際芸術祭_男木島_22
谷口智子「オルガン」_1
c0188405_22363848.jpg

最初にこの光景を見て、あれ?これも作品かな・・そういえば公式ガイドで見たアレだなぁ…きっと…
とか思いましたが。これが何かというと、そのうち全貌が分かりますのでこの後も見ていてくださいね♪
でも、最初に見たこの景色はとても気に入っていたり!

ちなみにこの作品は眞壁陸二「男木島 路地絵画プロジェクト」と共に11年3月までの延長展示作品のひとつに選ばれています。
[PR]
by elevensugars | 2010-11-26 22:39 | 感光☆シャシン

感光☆シャシン_309

瀬戸内国際芸術祭_男木島_21
松本秋則「音の風景(瀬戸内編)」_3
c0188405_22323986.jpg

この作品も分散展示されていたようですが1か所しかチェックできませんでした…
[PR]
by elevensugars | 2010-11-26 22:33 | 感光☆シャシン

感光☆シャシン_308

瀬戸内国際芸術祭_男木島_20
松本秋則「音の風景(瀬戸内編)」_2
c0188405_22222415.jpg

青い色調なのはLightRoomとは関係なく、ホワイトバランスで遊んだからです(笑
タングステンか蛍光灯だったかな?
[PR]
by elevensugars | 2010-11-26 22:30 | 感光☆シャシン

感光☆シャシン_307

瀬戸内国際芸術祭_男木島_19
松本秋則「音の風景(瀬戸内編)」_1
c0188405_22165278.jpg

手ぶれしない写真もありましたが、こちらの方が写真として面白いので採用しました(笑
[PR]
by elevensugars | 2010-11-26 22:20 | 感光☆シャシン

感光☆シャシン_306

瀬戸内国際芸術祭_男木島_19
男木島雑景_5
c0188405_22123141.jpg

緑の家ですね♪
[PR]
by elevensugars | 2010-11-26 22:13 | 感光☆シャシン

感光☆シャシン_305

瀬戸内国際芸術祭_男木島_18
中西中井「海と空と石垣の街」

c0188405_23505638.jpg

建築家、中西ひろむ氏と庭師の中井岳男氏によるユニットが、男木島を再発見するような小世界を構築している。

こんな小さな家。
[PR]
by elevensugars | 2010-11-24 23:51 | 感光☆シャシン

感光☆シャシン_304

瀬戸内国際芸術祭_男木島_17
川島猛とドリームフレンズによる「思い出球の集まる家」_3

c0188405_1515139.jpg

さぁ、こちらの御膳でごゆるりと。

ねぇ、
[PR]
by elevensugars | 2010-11-23 02:03 | 感光☆シャシン

感光☆シャシン_303

瀬戸内国際芸術祭_男木島_16
川島猛とドリームフレンズによる「思い出球の集まる家」_2
c0188405_1284310.jpg

うかんで、まとまって。すみにいたり、

色々な思い出の形。
[PR]
by elevensugars | 2010-11-23 01:30 | 感光☆シャシン

感光☆シャシン_302

瀬戸内国際芸術祭_男木島_15
川島猛とドリームフレンズによる「思い出球の集まる家」_1

c0188405_120237.jpg

思い出玉とは新聞紙や雑誌、チラシ等々を球場に貼りまとめたもの。
この作品は男木島にあった日記や手紙を持ち寄ってもらい、住民や鑑賞者が作家と共に思い出玉を制作する、この一連の行為が思い出玉を形どる…のでしょう。きっと

この作品も恒久展示なので、芸術祭が終わった今でも観賞することが可能です♪
[PR]
by elevensugars | 2010-11-23 01:25 | 感光☆シャシン